2016年実績施工実例レポート

更新日:2017年01月14日



光と風に包まれた
明るく開放的な家は
プライバシーも安全

視線に配慮した窓から、明るい光が入り、爽やかな風が流れる。
自然の恵みに包まれた住まいは、
家族に心地よい暮らしを届け続ける。

共栄ホームズ

新築富山市・S 邸

mixiチェック

オープンとクローズの
絶妙なバランスが魅力

 S邸のテーマは、〝明るい家〞。そのテーマどおり、ダイニング・キッチンには天窓からたっぷりの光が入り込む。リビングにも大きな窓が設けられ、家族団らんの場はいつも明るい。
 そのうえ、間取りはオープン。キッチンに立つと、和室とリビングだけでなく、廊下を仕切る半透明の建具を通して玄関まで見渡せる。また、階段の手すりにはアクリルが採用されているため、階段越しに子供室も見える。常に家族の気配を感じられるだけでなく、誰かが帰ってきたときもすぐに気づけるのが魅力だ。
 「光と風のために窓はある」というのが「共栄ホームズ」の考え方。同社は自然をうまく取り入れたパッシブ性を確保しながらも、道路側から窓が見えないよう工夫を凝らしている。そのため、人の目を気にせず、のびのび過ごせる。同社の設計力によって、オープンとクローズのバランスが保たれているのが、S邸の大きな魅力だ。
 ご夫妻が同社を選んだのは、優れたバランス感覚に惹かれたからだ。実際に暮らしてみて、「自分たちの選択は正しかったです」と確信したという。

スタイリッシュでありつつも
自然素材の温もりに
心が和む

 光や風を取り入れながらも、外からの視線に配慮したことで、スタイリッシュなデザインを生み出していることも見逃せない。階段の手すりの壁をアクリルにしたり、キッチンの小さな窓を高い位置に配置したりと、きめ細やかな工夫が満載だ。また、天井まである収納も、壁のように見えるほどさり気ない。そんなスタイリッシュなデザインの中に、自然素材の温もりがあるのもS邸ならでは。2階の床にはサクラの無垢材、壁には塗り壁が使われ、ゆったり寛げる雰囲気も兼ね備えている。
 随所にバランスの良さが際立つS邸。高性能樹脂サッシに高気密・高断熱・耐震性に優れたプレウォーク工法によって、ご夫妻が求めていた〝冬暖かく夏涼しい家〞も実現している。いつまでも心地よい日々が続いていくことだろう。

間取り

メーカー担当者
住宅事業部主任 武田 憲昭さん
● 高い技術力と豊富な知識によって、古民家を再生。築数十年から100年以上の物件まで幅広く行っています。使える材料はそのまま残すため、家への愛着が高い方にもご好評です。
● 空き家問題にも取り組んでいます。住人を失った民家を改装したカフェは、コミュニケーションの場として利用されています。
共栄ホームズ
本社所在地:
富山市婦中町上田島52-3
TEL:076-466-3091
URL:http://www.kyoeihomes.com/
メールアドレス:info@kyoeihomes.com
営業時間:9:00~20:00
定休日:水曜
資料請求 この会社の詳細を見る
お気に入りに追加

会員ログイン

ログインID
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

家づくり会員募集!

建築DATA

家族構成
ご主人+奥様+子ども(男1)

もっとくわしく見る

その他の施工実例

黒部市・K 邸>
黒部市・K 邸
ゆとりとぬくもりを
感じながら
5人の子供と暮らす家

家事の省力化を図ることと、家族の団欒を育むこと。
このふたつを最大限に優先させた家で、
毎日は豊かに深まっていく。
富山市・M邸>
富山市・M邸
外灯の明かりのように、
安心できる温もりに
満ちあふれた日々

自然素材の温もりと、自社大工による手作りの温もり。
心地良さの中に、暮らしやすさのアイデアが詰まった
南仏テイストの住まい。
滑川市・Y 邸>
滑川市・Y 邸
わんぱくに、でも
きちんとした子に
育ってほしいから

アパート住まいから
家づくりを決意したY氏に、
土地探しから全面的に協力し、
夢を形にした『平光工務店』。
その家にはどんな工夫があるのか?