2011年掲載 施工実例レポート

更新日:2012年12月20日



子供の頃から親しんできた愛着のある木々が
さまざまな生活シーンで目にとまる家

(株)本田工務店

新築滑川市・D邸

mixiチェック

軸組にパネルも併用した安心の強い構造で長く住み続ける

 上から見ると、D邸はL型になっている。その建物で囲まれた所には庭があり、ご主人が子供の時から見ていたという大きく見事なマツや、サザンカなどの木々が茂る。建て替え前は、まるで森のような木立と、老朽化した家、明治につくられた蔵が2つ広い敷地の中にあった。蔵は1つ壊したものの、家族の歴史をずっと見守ってきた木々はなるべく残し、それらが家のどこからも見られるつくりにしたかったそう。なるほど、完成した新居からは、玄関や和室、リビング、書斎にいても、自然に庭が視界に入るようになっている。そして、折り戸を開ければリビングと一体化するようにも見えるウッドデッキでは、より間近に庭が感じられる。デッキの広さは5.3帖もあり、外にあるもう一つのリビングのように、ゆったりとくつろぐことができる。
 地盤改良をはじめ、強度を高める構造用パネルの使用、フローリングの下に貼る合板(捨て貼り)を通常より厚いものにするなど、本田工務店による、安心して長く暮らすためのつくりの確かさも特筆すべき点。また、空間に合わせてデザインされたオーダー建具や、一部の天井に使われた、ベイマツの中でも目が詰まって美しく良質なピーラー材などが、本物ならではの趣を醸し出す。完成して間もないD邸ではあるが、早くも落ち着いた穏やかな空気が流れるのは、ご夫婦の雰囲気に加え、このような空間を構成する素材にも理由があるのかもしれない。
 今後のデッキの使い方を尋ねると、「庭を眺めながらの、宴会を開きたい」との答えが。美味しいお酒が飲めそうだ。

間取り

スケジュール
情報収集開始 2009年4月ごろ
具体的行動 2009年9月ごろ
メーカーの決定 2009年10月ごろ
工事契約日 2010年3月20日
設計期間(基本・実施) 約17週間
工事着工日 2010年5月21日
上棟式 2010年6月12日
竣工 2010年9月17日
メーカー担当者
営業課長 小林 和幸さん
生活の基本となる、大切なものです。建てた時だけでなく、10年、20年と使い込むほどに完成度が高まって行く、丈夫な構造を持ち、高品質な注文住宅の提案もしていきたいと思っています。
(株)本田工務店
所在地:
富山市新庄銀座3-5-51
TEL:076-451-3193
URL:https://honda-web.com/
メールアドレス:info2@honda-web.com,y-honda@honda-web.com
営業時間: 9:00~17:30
ログインID
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

家づくり会員募集!

建築DATA

工法
木造軸組パネル併用工法
家族構成
ご主人+奥様+子ども(男1)+子ども(女1)
坪単価
63 万円
延床面積
51 坪
予算
3,001〜3,500万円

もっとくわしく見る

その他のおすすめ
施工実例