2017年実例施工実例レポート

更新日:2017年01月15日



家族思いの
優しい時間と空気が流れる家

(株)電陽社建設

新築立山町・T 邸

mixiチェック

ノスタルジーな佇まいに
アートクラフトを添えて

 長女の小学校入学をきっかけに家づくりを考え、ご主人の実家と同じ敷地にマイホームを新築したT家。家を建てている間に三女が誕生し、5人家族となった。
 真新しい家なのに、どこか懐かしくホッとするT邸。柱を見せる伝統工法の真壁づくりの室内は、明るすぎないウォールナットの床に、穏やかな波を描く白壁がよく調和している。とは言え、この家の真の美しさは、こだわり抜いた細部にこそ宿っていると思う。たとえば、腰板をどこまで張り巡らせるか、テレビ台を造作するにあたり、バランスと使い勝手を考慮して、チェッカーガラスの範囲をどの程度にとどめるのか、扉の取っ手や引き出しのつまみには何を選ぶのか…など、一つ一つがどれほど吟味され、その場におさまっていることか。こだわりは家具や建具ばかりではない。さり気なく飾られた花器や暖簾は、地元作家の手によるもの。それらは、〝センスが良い〞という表現以上の、何か〝思いやり〞にも似た一定のトーンによって、まとめ上げられているのだ。
 ただの〝レトロ〞ではない、〝和か洋か〞でもない、この家には、本当に愛おしむべき〝ノスタルジー〞が息づいている―。

〝呼吸する家〞
「WB工法」という自然体

 施主夫妻のもう一つの〝思いやり〞は、子供たちのために〝呼吸する家〞を選んだことだろう。『電陽社建設』が手がける「通気断熱WB工法」は、暑い夏も寒い冬も快適に過ごせるように、との願いから生まれたもの。季節に応じて衣替えをするように「呼吸する家」は外壁の内側に設けられた二重の通気層によって、夏は蒸し暑さを抑えながら熱気を屋外に排出し、冬は冷たい空気の侵入を遮断し、断熱層の中で熱を逃げにくくしている。
 壁には透湿性のあるコットンクロスを使用。リビングは調湿効果のある塗り壁を施すことにより、T邸には結露がない。おかげで、カビや、シックハウス症候群から家族が守られ、住宅の寿命ものびるのだという。自然の力を借りて、エネルギーを最小限におさえるこの家は、環境への〝思いやり〞にも繋がっているようだ。

間取り

スケジュール
2015年 1月 情報収集スタート
2015年 2月 具体的アクション
2015年 7月13日工事契約日
設計期間(基本・実施) 約7週間
2015年 8月3日工事着工日
2015年 9月16日上棟式
2015年 12月竣工
メーカー担当者
プランナー 高野 恵里子さん
 ● 当社は「全棟注文住宅」。お客様と密にコミュニケーションを重ねながら、コストバランスの取れた後悔のない家づくりを応援します。
 ● 壁の中を通る二つの通気層と、気温の変化に反応して自動開閉する特殊な換気口により、家自体が呼吸しているような自然な通気を生み出す「通気断熱WB工法」が自慢です。
(株)電陽社建設
本社所在地:
富山市黒瀬北町2-2-1
TEL:0120-32-4602
FAX:076-491-8089
URL:http://www.so-sunmaike.com
メールアドレス:home@so-sunmaike.com
営業時間:9:00〜18:00
定休日:お盆、正月
ログインID
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

家づくり会員募集!

建築DATA

工法
通気断熱WB 工法
家族構成
ご主人+奥様+長女+次女+三女
坪単価
50 万円
延床面積
43.83 坪
予算
2,501〜3,000万円

もっとくわしく見る

その他のおすすめ
施工実例

富山市・D邸>
富山市・D邸
愛着ある家づくりは
豊かな感性や心配りから生まれる
射水市・I邸>
射水市・I邸
愛する家族とペットと車との暮らし
叶えたのは全てを造る匠との出会い
富山市・T邸>
富山市・T邸
インナーガレージ装備の
お洒落な住まいに響くこどもの笑い声