2018年実例施工実例レポート

更新日:2018年01月23日



会話と笑顔を育む
家族のコミュニケーション
を大切にした家

(株)星良工務店

新築富山市・S邸

mixiチェック

リビングを中心に
コミュニケーションを育む

 真っ白な家。シンプルなデザインを好むご夫妻とお子さんの3人が暮らすS邸は、“家族のコミュニケーション”を重視した住まいだ。
 白を基調に、無垢材のような風合いを持つビンテージカラーフロアが温かみを演出するリビングを中心に、ダイニング・キッチン、タタミコーナー、ウッドデッキなどが一体的な空間として配置され、それらをすべてキッチンから見渡すことができる。また、ウッドデッキはリビングとダイニングから直接出入りできるため、お子さんの遊び場としても最適。奥様がキッチンで料理をしていても、お子さんがぐるぐる走り回る姿を見守ることができる。
 「食の時間を大事にしたい」との考えから、リビングにしかテレビが置かれていないのも特徴だ。ダイニングからは見えないようにすることで、食事中の会話が弾むだけでなく、メリハリのある生活習慣がお子さんに身につく。一方で、タタミコーナーで横になりながらテレビを観ることは可能と、緩急がうまくつけられているのもいい。
 お風呂に入るときや2階の自室へ行くときも、リビングが通り道。家族と顔を合わせ、会話をすることは、ごく日常的なこととなる。

家づくりも
コミュニケーション

 家族のコミュニケーションを育むS邸を手がけたのは、お客様とのコミュニケーションを大切にしている「星良工務店」だ。ご夫妻は、広いリビングやウッドデッキで元気に走り回るお子さんを眺めながら、「要望やこだわりが多い中、アドバイスをたくさんしてもらい、一つひとつ納得して家づくりを進めることができました」と微笑む。
 同社は、富山の気候に適した家づくりを行っていることも特徴。通気による湿気対策や優れた断熱性によって、四季を通じて快適な居住空間を実現している。しかも、1件1件に対して、一般住宅に適した構造計算「許容応力度計算」を実施。基礎・柱・梁・金物が丈夫なため、地震などの自然災害にも強い。安心して快適に暮らせるS邸は、家族の笑顔も育んでいる。

間取り

家づくりにおけるポイント

勉強が習慣化する、ダイニングのL型カウンター

勉強コーナーとパソコンコーナーを一体化させたL型カウンター。お子さんは、隣でパソコンをするパパとも、キッチンに居るママとも自然にコミュニケーションがとれる。また、幼いうちから勉強をする習慣を身につけられるのも利点だ。 

リビングを中心にした間取りと動線

リビングを中心にすることで、どこにいても家族の温もりや気配を感じられるのが魅力。タタミコーナーで寛いでいるときも、お風呂に入るときも、2階の自室に行くときもコミュニケーションをとりやすいため、いい関係を築いていける。

メーカー担当者
工務部 押田桂多さん
ご夫妻は、シンプルな外観や内装をはじめ、新居に対していろいろな思いを持たれ、事前にいろいろと調べられていました。その思いをよりよい形に表現できるよう、できる限り力を尽くしました。ご夫妻と何度も打ち合わせを重ねることで、ひとつの形に実現することができたと思っております。
(株)星良工務店
本社所在地:
滑川市北野170
TEL:0120-39-3158
FAX:076-475-6463
URL:http://www.seiryou-web.co.jp
メールアドレス:info@seiryou-web.co.jp
営業時間:9:00~18:00
定休日:本社/日曜、上小泉店/水曜
ログインID
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

家づくり会員募集!

建築DATA

工法
木造軸組在来工法
家族構成
ご主人+奥様+長女
坪単価
55 万円
延床面積
42.1 坪

もっとくわしく見る

その他のおすすめ
施工実例

富山市・M邸>
富山市・M邸
家族の声が聞こえる場所で
大好きな趣味に没頭できる
ご主人の夢の形
金沢市・K邸>
金沢市・K邸
ここは日本か、外国か
アートやバーベキューが
家族の時間を豊かにする
黒部市・F邸>
黒部市・F邸
バーベキューやお昼寝
休日を楽しむ家は
家族の思い出を増やす