2018年実例施工実例レポート

更新日:2018年01月23日



互いの生活様式を尊重
大屋根とデッキがつなぐ
新・独立型二世帯住宅

共栄ホームズ

モデルハウス新・独立型二世帯モデル住宅「連」

mixiチェック

プライバシーを守りつつ
程よい距離感で暮らす

 建物中央を通る中庭庭園通路を挟んで、右側が子世代、左側が親世代。それぞれ独立した「完全分離」の住空間でありながら、大屋根とウッドデッキでつながる二世帯住宅が誕生した。それが「共栄ホームズ」の新しい独立型二世帯モデル住宅「連」である。
 孫育てや将来的な親の介護、さらに資金・経済面、税制上の優遇制度、三世代同居への補助金など、さまざまな観点から二世帯住宅が“賢い選択”として近年、注目されている。しかし、従来の「部分共有型」や、玄関や水回りが別でも「上下階分離型」の二世帯同居では、生活時間や暮らしの違いからストレスが生まれ、プライバシー確保も難しいのが現状である。
 今回、それらを解消。近くに暮らす安心感はそのままに、それぞれの生活様式を尊重し、程よい距離感を保てる“理想形”が完成した。
 「つなぐ」大きな役割を担うのが共有スペースであるウッドデッキテラス。独立型といえども、家族がいつでも集える空間は大切。それは、「Neo&Classic」「世代をつなぐ家づくり」をコンセプトとする、同社の理念が反映された二世帯住宅に必要不可欠なものである。

それぞれの世代が求める
デザイン、動線に対応

 子世帯は、モダンでスタイリッシュなデザイン。キッチン横の食品庫や家事室、サンルームなど、使い勝手のよい家事動線が工夫されている。一方、親世帯は上質な素材を使った落ち着いた雰囲気。廊下がないバリアフリー設計や、歩く距離を短くするなど機能的な動線が特徴である。
 このようにそれぞれの世代が求める好みの内装や間取り・動線を自由に選ぶことができるのも、「独立型」のメリットである。この際、異なる空間を柔軟に一つにまとめ上げるのが「共栄ホームズ」の匠の技と長年「再生住宅」で培った経験である。親子の想いをヒアリングして提案、フルオーダーで応える。
 同じ敷地内に多様性対応モデル住宅「彩」も同時オープンした。こちらも合わせて、全く新しい概念の“次世代型”二世帯モデル住宅「連」を両親・家族そろって体感して欲しい。

間取り

レポーターズチェックポイント

チェックポイント1

親世帯の機能的なLDK。リビングは、くつろげる畳敷きで、床の間と押入れ(仏壇にすることも可)がある。珪藻土の壁、スギやヒノキなどの天然素材をふんだんに使い、高級感がありながらも、落ち着いた雰囲気。全ての部屋が一直線に配置され、バリアフリーになっている。

チェックポイント2

子世帯LDKは、シンプルでスタイリッシュなデザインで飽きがこない。広々とした空間は、デッキ部分も合わせると約31畳にもなる。家族全員が集まり、ホームパーティを開くなど用途も広がる。デッキ部分を介して親世帯の住空間と出入りすることもできる。

チェックポイント3

玄関までの町屋風の通路は、トップライトから光が差し込み、ゆったりとした雰囲気。玄関を分け、2つの棟を完全に独立させることでプライバシーを確保。そのため、将来的に家族が減った時には、どちらか(親世帯棟)を賃貸併用住宅にすることも可能である。

モデルハウスナビゲーター
設計建築士 武田 憲昭さん
● 幅広い年齢層に受け入れられる、洗練された住まいに仕上げました。分離型の建物として、1棟+1棟としても見学できますので、2世帯に限らず単世帯でお考えの方もお越し下さい。このスタイリッシュモダンな空間を、実際にご体感できますよ。
● 住人を失った民家を改装したカフェは、コミュニケーションの場兼、モデルハウスとして見学も可能です。
共栄ホームズ
本社所在地:
富山市婦中町上田島52-3
TEL:076-466-3091
FAX:076-466-3326
URL:http://www.kyoeihomes.com/
メールアドレス:info@kyoeihomes.com
営業時間:9:00~20:00
定休日:水曜
ログインID
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

家づくり会員募集!

建築DATA

もっとくわしく見る

その他のおすすめ
施工実例