2019年実例施工実例レポート

更新日:2019年01月18日



「内と外を結ぶ家」で叶えた
モデルハウスの様な暮らし

(株)共栄ホームズ

新築高岡市・T邸

mixiチェック

深い下屋のあるテラスと
広々としたLDKを一体化

 「すっきりとしたお洒落なモデルハウスの様な家に住みたい」。そんな夢を抱いて数々の展示場を見学していたT夫妻。足を運んだ「共栄ホームズ」の二世帯モデル住宅『連』の子世帯LDKに一目惚れ。その時に対応したのがこのモデルハウスの建築士・武田憲昭さん。武田さんが営業から、設計、現場監督、引き渡しまで一貫して担当してくれること。そしてモデルハウスを一般住宅の予算にフィードバックしつつも、提案図面が希望通りだったことが、依頼の決め手となった。
 T邸は、LDKと深い軒下のあるテラスが一体化し、家の内と外がつながった開放感あふれる家。リビングの畳敷きがさらに広さを感じさせる。ゴロンと転がったり、アイランドキッチンから1歳のお子さんの様子が見渡せたりと、便利でくつろげる空間となった。
 この家には様々な「あったらいいな」が細部に施されている。リビングにはご主人が飼育する熱帯魚の水槽の場所をあらかじめ設け、その壁を扉にして、玄関から取り出せるように工夫した。将来お子さんが外から帰ってきた時に見えるよう、玄関がのぞける小窓もある。

こだわりと想いをカタチに
ヒアリングで汲み取る

 「いかに家をすっきりと見せるか。広々とした中で快適な生活をしたい」というT夫妻の「ここだけは譲れない」こだわりやイメージをカタチにできたのも、ヒアリングでしっかり想いとライフスタイルを汲み取ってくれる「共栄ホームズ」との信頼関係があったからこそ。
 限られた予算の中で、どこ・何を重要視するか。T夫妻の場合は、家族で一番長く過ごすリビングだった。そしてデザインと機能・性能の優先バランス。どうしたらより良い形で理想の家を実現できるかを、プロの視点で分かりやすく説明、提案してもらうことで、納得のいく家づくりができた。
 友達に自慢できるようなモデルハウスのような家。「手が届かないかも」と諦めず、どうやって実現するか。T邸にはその秘訣が詰まっている。

間取り

家づくりにおけるポイント

設計POINT A

内と外を一体化した間取り。リビングとテラスをつなぐ大型窓を設け、空間に広がりを持たせた。

設計POINT B

自然を活かしたパッシブデザイン。深い軒下が、夏は日差しを遮り、冬は太陽熱を取り入れる。

設計POINT C

サンルーム横のマルチルームをクローゼットとしても使えるように設計し、使い勝手をよくした。

スケジュール
情報収集スタート 2017年 4月頃
具体的アクション 2017年 8月頃
工事契約日 2017年 10月1日
設計期間(基本・実施) 約8週間
工事着工日 2017年 12月1日
上棟式 2018年 1月15日
竣工 2018年 4月30日
メーカー担当者
建築士 武田憲昭さん
2006年入社・37歳
まず限られた予算でどこを重視するかしっかり決めることが大切。その中で、デザインか、もしくは性能重視か、そのバランスを提案し、理想の住まいづくりのお手伝いをします。
(株)共栄ホームズ
本社所在地:
富山市婦中町上田島52-3
TEL:076-466-3091
FAX:076-466-3326
URL:http://www.kyoeihomes.com/
メールアドレス:info@kyoeihomes.com
営業時間:9:00~20:00
定休日:水曜
ログインID
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

家づくり会員募集!

建築DATA

工法
木造軸組工法
家族構成
ご主人+奥様+長男
坪単価
57 万円
延床面積
41.04 坪
予算
2,001〜2,500万円

もっとくわしく見る

その他のおすすめ
施工実例

富山市・O邸>
富山市・O邸
豊かな表情を持つ家は
多彩な暮らし方を届ける
氷見市・U邸>
氷見市・U邸
堅固な構造と自然素材の融合
住まう人の生活を守り育てる家