2013年掲載 施工実例レポート

更新日:2013年01月11日



街なかの狭小地にゆとり空間
門型フレーム工法で
ビルトインガレージを装備

(株)ミヅホ建設

新築富山市・H邸

mixiチェック

間口からは想像もできない広さ
柱と梁の美しい空間に車2台

 富山市中心部を流れるいたち川のそばに、間口約3・9m、奥行き約19mの細長い敷地。両側に隣家の外壁が迫る、うなぎの寝床ともいえるこの土地に、駐車スペース2台分と親子3人がゆったり暮らせる居住スペースを設けるという難題。そこで建築家が知恵を絞り、採用したのが門型フレーム工法だった。柱と梁を門型に組み、奥から手前へと並べていくもので、6組の頑強なフレームによって1階にビルトインガレージの大空間が生まれた。県産材の活用を信条とするトヤマ・ウッドネットワークに所属するミヅホ建設と建築家が手掛けただけに、柱と梁が織り成す空間の美しさ、木の温もりが感じられる。1階正面からガレージを抜けると、奥に玄関、トイレ、洗面脱衣室、浴室、収納室が機能的に配置されている。防火シャッターや、電気自動車の充電に対応したシステム、屋外とガレージの2カ所の防犯カメラ、センサーライトを装備。最新設備が家族の安心、安全をサポートする。

望楼のようなトップから
光を採り込む工夫

 2階中央のLDK、奥の寝室ともにトップライトから陽光が降り注いでおり、適所に設けられたスリット、昇降の窓から入る微風も肌にやさしい。また交通量の多い、大きな通りに面しているとは思えないほど静か。「採光と風通しを考えた住まい」という基本コンセプトを実現した快適な空間が広がる。柱や梁、床はすべて県産スギ。独特の節の形や木目に趣があり、足に伝わる温もりも心を癒してくれる。
 階段まわりは吹き抜けになっており、窓から効率よく光を採り込む。トップは望楼のような展望フロア。光と風も爽やか。街路樹の緑、夜には月や星空が眺められる。「女房と喧嘩したときはここに逃げ込むんですよ」と笑うご主人。小さな書斎、ちょっとした隠れ家という雰囲気で、なかなか居心地がよい。
 街なかの限られた敷地を生かしたN邸。間口の狭さをまったく感じさせない設計と高い技術力がきらりと光る住まいといえる。

スケジュール
情報収集開始 2010年秋
具体的行動 2011年春
メーカーの決定 2011年夏
工事契約日 2011年11月15日
設計期間(基本・実施) 約40週間
工事着工日 2011年12月10日
上棟式 2012年1月28日
竣工 2012年4月30日
メーカー担当者
専務・1級建築士 長森 稔さん
隣家が迫り、外壁などの施工はちょっとずつ、一歩一歩といった進め方でした。なんとか完成し、ご家族に満足いただけることができました。今後も丁寧な仕事で、お客様に快適な住まいを提案していきたいと思っています。
(株)ミヅホ建設
所在地:
富山市堀243-1
TEL:076-423-6226
FAX: 076-423-6236
URL:http://www.mizuhokensetsu.co.jp/
メールアドレス:m_nagamori@mizuhokensetsu.co.jp
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜
ログインID
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

家づくり会員募集!

建築DATA

工法
木造在来+門型フレーム工法
家族構成
ご主人+奥様+子ども(男1)
坪単価
68.5 万円
延床面積
35.3 坪
予算
2,501〜3,000万円

もっとくわしく見る

その他のおすすめ
施工実例

富山市・S邸>
富山市・S邸
意匠と機能を兼ね備えた、
吹き抜けのある緑青の家
魚津市・T邸>
魚津市・T邸
平屋感覚で暮らしやすい
和モダンで高性能な住まい