2015年実例施工実例レポート

更新日:2015年01月23日



設計が得意な
現場監督が建てる家

陽(株)

建築士陽(株) 代表取締役 宮越 明弘 Akihiro Miyakoshi

mixiチェック

プロに選ばれる玄人好みの家

 宮越氏の元には、建設業者や設計士、インテリアコーディネーター、配管業者といった家のことをよく知るプロからの依頼がしばしば舞い込む。一緒に仕事をし、作品を間近に見ている中で、「この人なら」と見込まれてのことだ。〝玄人受けする〟ということは〝奇をてらう〟とイコールに思われがちだが、何よりも技術やデザイン力が確かで、人柄を信用できなければ自分の住まいを頼んだりはしないだろう。〝プロが認めるプロ〟という称号は、望んで得られるものではない。そして「そんな人に家を建ててもらいたい」と、業界外の人が思うのもまた、ごく自然なことだと思う。

全方位、全行程に
行き届く目配り

 地元ゼネコンで、設計や営業、現場監督など、あらゆる分野の経験を積んだ宮越氏。全工程に実感を持ってあたることができるのが強みだ。それでも独立するまでは、自分の任された範囲のことで精一杯だったという。独立後は視野も広がり、庭に落ちた釘一本、ゴミひとつも自ら拾い、施主宅のみならずご近所への影響にも細心の注意を払う。完成まで一貫して見通す力は、もう一つのブランド力と言って良い。

家づくりにおけるポイント

愛車を生活の中心に据えた家

名車シボレー・インパラを生活の中心に据えた富山市のI邸。玄関を入るとまず愛車が目に飛び込み、LDKからも常に眺められるよう設計。車へのオマージュからトイレの壁も赤の革張りという、こだわりの詰まった家だ。

らせん階段が縦の開放感をつくる家

宮越氏のデザインは階段がアクセントになる場合も多い。富山市のA邸は、庭へと続く玄関土間とLDKを繋ぐようにらせん階段を配置。スペース効率が良くなる他、必然的に縦の吹き抜け空間が開放感を生み出す利点も。

明るくてあったかい、太陽のような家

リクエストは「明るくて、暖かい(温かい)こと」だったという富山市のW邸。そこで宮越氏がイメージしたのは“太陽”。燦燦と光が降りそそぎ、オレンジと白の鮮やかな色使いで、そこに身を置くだけで気分が明るくなる家を完成させた。

過去の建築実績

【建築業者許可番号】
富山県知事許可(般-26)第14686号

【建築設計事務所登録番号】
2級富山県知事登録(1)第2152号

【創業】
平成20年5月

【従業員数】
2名

【各種資格保持者】
2級建築士1名、2級建築施工管理技士1名、シックハウス診断士1名

【加盟・所属団体】
(株)日本住宅保証検査機構、富山の快適すまいづくりの会

【品質保証・アフターフォロー】
お客様とのコミュニケーション、完成後のお付き合いを大切にしています。アフターメンテナンスも定期的に行い、各種保証も充実しています。
PROFILE
1975年、富山市生まれ。地元ゼネコンの住宅部門で、設計、営業、現場監督を経て2008年に独立。自身も車好きなことから、インナーガレージの物件を得意とする。
陽(株)

本社所在地:
富山市黒瀬北町1-9-1 グレイスハイム503
TEL:076-493-6277
FAX:076-413-8266
URL:http://www.reform-aki.jp
メールアドレス:info@reform-aki.jp
営業時間:8:00〜17:00
定休日:日曜、祝日