2016年実例施工実例レポート

更新日:2016年01月27日



「暮らしを楽しむ家づくり」 夢を実現するお手伝いをします!

(株)暮匠

建築士二級建築士・代表取締役 小橋 秀樹

mixiチェック

長い目で見た家づくりと、
豊かな暮らしづくりを提案。

 「住宅ローンを払い終わるまでは、なるべくメンテナンスにお金をかけずに住んでもらいたいんです」と話す小橋さん。お客さんには一番最初にこの思いを伝えてから、家づくりを始めていく。だから、小橋さんが手がける住まいには、外壁材はガルバリウム鋼板というように、優れた耐久性を持つ材料が使われることが多い。とはいえ、ヨーロッパ調の外観を望む人にはそれに合う外壁材を提案するなど、自分の考えを押しつけないのも小橋さんの魅力である。その際には材料のメリット・デメリットをきちんと説明してくれることにも信頼がおける。また、外観デザインにおいては、長く住んでも飽きがこないようスタンダードな形であることを重視。そこに、その家族らしいスパイスをちょっと加えるのが小橋さん流である。
 経済面への配慮からも分かるように、小橋さんが届けたいのは家というモノではなく、“生活”である。「家の一角に簡単に世話のできる小さな畑を提案していきたい。そこに初めての方でも育てやすい苗木を植えて、家族みんなで野菜作りを楽しんでいただけたら」と小橋さん。単なる家づくりではなく、豊かな暮らしづくりに力を注いでいる。

厳選した自然素材で、
健やかな心身もお届け。

 豊かに暮らすためには、健康であることが必要だ。そのため、小橋さんは自然素材をふんだんに使うことも大切にしている。テレビ番組で化学物質過敏症の辛さを知ったことがきっかけだ。だが、自然素材には自然素材同士を結合させるために結構な量の接着剤が使われていることが多い。そこに疑問を持ち始めた時に出会ったのが、自然素材同士が化学変化によって結合する珪藻土の一種だった。化学物質を含まない接着剤しか使われていないという。早速、それを打ち合わせ空間の壁材に採用した小橋さん。「自分で使って良さを実感しないと、お客様にお勧めできないので」と誠実な人柄が顔を出す。
 小橋さんが厳選した自然素材の良さを体感できるのは、「暮匠」内のコミュニティ施設。人工物はほとんど使わず、沖縄の珊瑚礁を原料にした壁材や無垢材などで構成されているため、澄んだ空気を体感することができる。また、ケヤキをくり抜いた洗面台など、小橋さんの優れた技術力も随所で見られる。例えば、木の板で階段を造ることは、木を見極める知識と技術を持ち得ていないとできない。そのノウハウを活かして、なるべく接着剤の少ない自然素材を使った家づくりを提案している。

家づくりにおけるポイント

人が集うコミュニティ施設

そもそも「暮匠」をオープンしたのは、人が集う場を作るため。家づくりのお客様には無料開放しているため、建てる前も建てた後も気軽に立ち寄れるのが嬉しい。料理教室や人形の洋服づくりなど、親子で参加できるイベントも実施。

自然素材をふんだんに使った家づくり

実際に施工イメージを感じることができる空間を備えたモデルルーム。一度足を運ぶとその心地よさをさらに実感できる。

木の特徴を活かし、そこに技術を注ぐ

備え付けの家具なども手作りで行うことができるのは、大工ならではの手仕事による家づくりである証し。住む人が快適に満足できるよう些細なことまで相談に応じている。

過去の建築実績

建築建設工事業許可番号  
富山県知事許可(般-27)第15827号

2級建築士 富山県知事登録(般-22)第11070号 
PROFILE
1972年、福岡町(現.高岡市)生まれ。大工の道に進んだのは21歳の時。親方のもとで働いた後、個人経営の大工として色々な住宅会社の仕事に携わり、豊富な経験を積む。入院をきっかけに建築士の勉強を始め、二級建築士の資格を取得。事務所兼自宅で「小橋建築」設立。2015年、法人化と同時に「暮匠」をオープン。
(株)暮匠

本社所在地:
砺波市高波778-2
TEL:0763-33-7899
FAX:0763-33-7566
URL:http://www.k-kurasyou.jp
営業時間:10:00~17:00
定休日:第2・4日曜、木曜 ※臨時休業あり