家づくり講座

STEP8 家づくりの危機管理

最近は「防犯対策」も住宅機能の一つになっています

「住宅性能表示制度」の10項目に、防犯機能が入っているように、
これからの家づくりでは、防犯対策が重要です。
必ず設計プランの中に組み込みましょう。

●設計プランで防犯対策を

 マイホームは、家族や財産の安全性が何よりも優先されます。そこで、家を建てるときに設計プランの中にあらかじめ防犯対策を組み込んでおきましょう。
 泥棒の侵入経路は、玄関ドア、窓などの開口部ですから、玄関ドアを二重ロックにする、1階窓に防犯ガラスを使うなどして、備えを強化します。
 「この家は防犯に気を使っているな」と思ったら、泥棒はその家を避けるといわれています。

●警備会社にガードを依頼

 警備会社によると、空き巣に入られてから警備の依頼を受けるケースが多いそうです。それまでは他人事のように考えていた空き巣が、ある日突然現実のものとなってくるようです。泥棒対策のプロだけに警備会社に依頼すれば安心です。住宅の玄関先に警備会社のステッカーが貼ってあるだけで泥棒が逃げるといわれているほどです。

○警備会社の防犯システム

 警備会社の住宅防犯システムは、住宅の開口部にセンサーを張りめぐらして見張る仕組みで、24時間、365日オンラインで監視します。
 そして、センサーが異常を感知すると、警備員が現場に急行して対処するもので、新築時にセンサーの配線などをしておけば、インテリアの美観を損なうことなく設置できます。このような警備会社の防犯システムの利用料金は、月々5000円前後からです。

●泥棒に強くアピールする

 泥棒に「防犯に力を入れていますよ」と、強い意思表示を示すことが大切です。その意味では「ダミー防犯カメラ」や「センサーライト」などの防犯グッズが効果的です。また、玄関に「防犯対策実行委員会」といったダミーの看板を掲げるのも効果があるかもしれません。

●近隣との意志疎通を

 住民の団結力が保たれている地域は、「このエリアには、住民の目がある」と感じ、泥棒は侵入をあきらめるといわれています。コミュニティが保たれ、お互いに防犯に心がけている地域は安全性が高いわけです。その意味で防犯には、日頃からの近所付き合いが大切です。

●侵入しにくい開口部にする

 泥棒は、カギがかかっていない、見つかりにくいなど、入りやすく発見されにくい住宅を探して侵入しています。そして泥棒が侵入を試みてあきらめるのは、5分以内が6割、10分以内が9割というデータがありますが、ドアに補助錠を付けるなど防犯設備を充実させ、侵入に時間がかかるようにします。

●愛犬と暮らす

 元泥棒からのアンケート調査では、犬を飼っている家への侵入は避ける傾向にあります。侵入の際に犬に吠えられることを警戒してのことです。マイホームを手に入れたら、一緒に犬も飼ってみるのもいいかもしれません。


●防犯グッズで家族を守る

・テレビドアホン
不審者を識別するのに便利で、訪問販売対策にも有効です。

・防犯カメラ
犯人を特定するための証拠として撮影する目的で設置されるもので、カメラは犯人に見つからないように隠して設置されます。

・ダミー防犯カメラ
住宅への侵入を抑止するために設置されるカメラで、実際には撮影されません。

・センサーライト
家に侵入しようとする不審者を照らし出して撃退します。

・防犯ガラス
開口部からの侵入を食い止めるもので、窓枠はそのままで、ガラスだけ取り換えることもできます。

・防犯フィルム
窓全面に貼るほか、クレセント部分に貼るだけでも効果があります。

・防犯アラーム
窓の開閉や振動を感知してアラームが働くもので、簡単に貼り付けて取り付けできます。裏面に「警告」などの表示があり、泥棒にとっては外から見えるために抑止効果も期待できるようです。

●入りにくいのは、こんな家

○泥棒の侵入の経路

泥棒の侵入の経路


○侵入をあきらめた理由

侵入をあきらめた理由 ※出典:都市防犯研究センター


○富山県の空き巣被害

 富山県内の空き巣の被害は、平成20年度は前年に比べて減少傾向にあります。そんな中で、カギをかけずに空き巣に入られるケースが全国平均を上回っています。昔から施錠する習慣があまりないことが災いしているようです。
 富山県警では、在宅中はもとより、例えゴミ出しであっても、玄関ドアなどに鍵をかけてから家を離れるようにしてほしいと言っています。その鍵も今や1ドア2ロックが常識になっています。


※「居空き巣」とは、家人等が在宅し、昼寝や食事をしているすきに住宅の屋内に侵入して金品等を盗むこと。「その他」とは、事務所荒しや倉庫荒しなどの犯罪
※出典:富山県警察本部 生活安全企画課


目指したのは「あなたにぴったり」なホームセキュリティ

富山県綜合警備保障の「ALSOKホームセキュリティ-α」と「ALSOKホームセキュリティ-X7」は、不審者の侵入を感知する「侵入感知」、身の危険を感じたときの「非常通報」、火災の発生を感知する「火災感知」の3つの基本サービスを核に、「ガス漏れ」や急病の際の「救急」まで対応して、お客様の視点に立って開発した独自のサービスを盛り込み、365日・24時間、ずっと安心をお届けし、大切なご家族やお住まいをお守りいたします。
 お住まいの形態やライフスタイルにあわせて、最適なプランをリーズナブルな価格でご提案しますので、どうぞお気軽にご相談ください。

富山県綜合警備保障株式会社
TEL 076・443・5888

次へ 前へ

STEP 8-1STEP 8-2STEP 8-3

会員ログイン

ログインID
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら